CBDリキッドで死亡したケースの真相は?THCリキッドの「ある成分」が原因だった

更新日:

CBDリキッドが肝臓を経ると処方薬の作用を変化?死亡に至る可能性は極めて低い

CBDリキッドは日本でも注目されつつあるアイテムです。しかしながら、肝臓で成分が変化してしまうという話を聞いてしまい、悪い印象を持っている人も少なくありません。

これが体内に取り込まれると肝臓で酵素に作用し、特定の治療薬を服用している場合は影響が出てしまうことがあります。

抗凝血剤や抗けいれん剤、抗うつ剤などが該当し、薬剤の効能を変えたり過剰摂取に繋がったりする危険性が示されていると言えるでしょう。

ただし、このような問題が発生する可能性は極めて低いです。

検証データも十分ではないのですが、過去に起こった少ない事例から危険なものとして発信する人が増えています。

実際は起こる可能性が低い問題ですし、死亡に至る可能性も極めて低いことを知っておきましょう。

正しい使い方を行ったり、特定の治療薬を服用しているときに使用しなければリスクをなくしていくことができます。

CBDリキッドを購入するときには、正しい使用方法を学ぶはずなので、これに従って利用すれば大きな問題を引き起こさずに済むはずです。

肝臓で一部の処方薬と作用する可能性はありますが、可能性はとても低いことであり、注意点を守っておけば問題が起こる確率はさらに低くなることを知っておきましょう。

THCリキッドで死亡?欧米で問題になった事件の真相とは

肝臓へのリスクの他に、THCリキッドで死亡してしまったことが欧米でニュースになりました。

原因はアンダーグラウンドで流通していたTHCリキッドに混入していた「ビタミンEアセテート」という添加物が直接の原因でした。

わたしは最初、THCが原因なのでは?と勘違いをしていました。

THC(テトラヒドロカンナビノール)は日本では違法だからです。

THCを過剰摂取してしまった人が死亡したのだと思っていましたが、正規に販売されているTHCリキッドでは死亡例はないそうです。

THCリキッドは欧米の一部の地域では合法で、ディスペンサリーなどで気軽に購入できます。

日本では違法なのでけっして手にしてはいけませんが、Vape用のCBDリキッドにはTHCはもちろん、死亡の原因となったビタミンEアセテートは入っていません

有名メーカーから購入する際は心配ありませんが、海外から名前も聞いたことのないようなCBDリキッドを購入する際は気をつけましょう。

日本では違法とされるTHCだけでなく、死亡原因となる成分が購入している可能性があります。

質の悪いVape(ベイプ)によってトラブルが発生する可能性?

CBDは安全に使うこともできますが、選択する業者によっては粗悪なものを売っている可能性があります。

品質の良いVapeは増えている傾向がありますが、それでもベイプ市場全体を見るとまだ規制は十分ではありません。

購入したいと考えるのであれば、日本の信頼できる代理店を選ぶことをおすすめします。

代理店以外や信頼できない代理店を利用してしまうと、説明とは違う質の悪いVapeを購入してしまい、これを使用することによってトラブルが発生する可能性があることを理解しておくべきです。

CBDを購入する際には得られる効能や危険性について勉強しておくことも重要ですが、どこを利用すると品質の高いアイテムを手に入れることができるかどうか知っておくことも大切だと言えます。

粗悪品を買ってしまうと本来理想とされている使い方ができないなどのリスクがあるでしょう。

規制強化が十分ではない今、購入する際には自分で信頼できる購入先を探すことが重要であると知っておくべきです。

アフターフォローがしっかりしている、口コミ評判が良い場所は信頼性が高いと言えるので、こういった場所を利用してCBD用品を購入することがおすすめだと言えるでしょう。

CBDの嘘はエビデンスをチェック!国内での使用がまだまだ一般的ではない

-CBDオイルをドンキで買う前に
-, ,

Copyright© CBDオイルをドンキホーテで買う前に!失敗しない選び方 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.