サティベックスの個人輸入はできない!まだ承認されていない

更新日:

サティベックスの個人輸入はできないので注意!配合されているTHCは日本では承認されていない

近年、日本国内でも注目度が高まっているCBDですが、CBDについて調べているとしばしばサティベックスという医薬品を目にします。

サティベックスとは、イギリスの製薬会社であるGWファーマシューティカルズ社によって開発された医薬品です。

2005年にカナダで承認された多発性硬化症の痛み改善薬で、現在はカナダの他にもイギリスやオーストリア、ベルギーなど世界20ヵ国以上の国々で認可されています。

また、多発性硬化症だけでなく、てんかん・ガン疼痛・神経膠腫・2型糖尿病・潰瘍性大腸炎・統合失調症といった疾患に対するの臨床試験も進んでいます。

サティベックスは、THCとCBDという2種類の成分が1対1で配合された口腔内スプレーです。

1スプレーにつきTHC2.7mg、CBD2.5mgを摂取することで、多発性硬化症の神経因性疼痛や痙縮、過活動膀胱といった症状が緩和されます。

THCとCBDは、どちらもカンナビノイドと呼ばれるヘンプ(麻)から抽出した天然成分ですが、それぞれ別に摂取するよりも同時に摂取することで相乗的な効果が得られるとされています。

例えば、THCには継続摂取すると神経や脳機能に悪影響が及ぶという副作用があることが知られていますが、CBDと同時に摂取することでこれらの副作用が軽減されます。

加えて、この医薬品に配合されているのはTHCとCBDだけではなく、多種多様なテルペンも含まれています。

テルペンは、多くの植物精油の主成分でTHCとCBDの効果を高めるとされています。

このように、サティベックスにはTHCとCBDが同じ割合で配合されているためTHCによる副作用が軽減されるとともに、テルペンも配合されているのでTHCとCBDの効果を最大限発揮させることが可能です。

なお、上記の通り、サティベックスは世界20ヵ国以上で認可されている医薬品ですが、アメリカでは認可されていません。

現在は、がんの疼痛治療薬としてFDAの承認を待っている状態となっていますが、アメリカでの開発・販売権を持っているのは大塚製薬です。

そのため、日本でも入手できるのではないかと思われる方もいるかもしれませんが、この医薬品は日本でも承認されていません。

また、日本で認可されていない医薬品でも個人輸入すれば、国内でも入手できるものもありますが、この医薬品に配合されているTHCは日本では違法成分として指定されています。

したがって、日本国内では個人輸入することもできないので注意が必要です。

サティベックスは違法だが、合法のCBDであれば代理店から気軽に通販可

上記の通り、日本国内ではTHCは違法成分として指定されているため、サティベックスは日本国内で処方されていないのはもちろん、個人輸入することもできません。

しかし、サティベックスに含まれているもう一つの成分であるCBDは、合法な成分なので日本国内でも販売されています。

日本国内で販売されているCBD関連の製品にはオイルやリキッドなどがありますが、いずれも気軽に代理店からネット通販で購入可能です。

また、代理店からの通販でなくても、個人輸入したり非正規販売店から通販したりすることも可能ですが、個人輸入や非正規代理店からの購入は一定のリスクが伴います。

日本国内では、CBD製品を製造することが法律で禁止されているので、国内で流通しているものは基本的に海外製の製品となっています。

しかし、海外製のもの全てが日本国内で合法的に販売できるものではありません。
海外で製造された製品には、日本では違法成分のTHCが含まれていることもあります。

日本でも未検出レベルであればTHCが含まれていても問題ありませんが、個人輸入での購入は違法レベルのTHCが含有された製品を輸入してしまうリスクを伴います。

加えて、CBDはヘンプ(麻)から抽出される成分ですが、日本で合法となっているのは成熟した茎や種から抽出されたものみとなっています。

それ以外の部分から抽出されたものに関しては違法となりますが、海外で製造された製品には、茎や種以外の花穂や葉、根といった部分から抽出されたものも少なくありません。

そのため、THCが含まれていない製品を個人輸入したとしても、それが茎や種以外から抽出された製品だった場合、違法となってしまいます。

また、非正規販売店においても同様で、茎や種以外から抽出された製品を取り扱っている可能性も否定できません。

このように、個人輸入や非正規代理店で購入すると、法律違反の製品を手にしてしまうリスクを伴います。

加えて、これらで購入した製品は低品質である可能性もあるので、価格が安いという理由で個人輸入や非正規代理店で購入するのはおすすめできません。

一方で、正規の代理店であれば、THCが含まれていないことを証明する成分分析書及び、製造工程に問題がなく茎や種から抽出された製品であることを証明する書類を厚生労働省に提出しています。

合法なのはもちろん品質も保証されているので、CBD製品を購入する際は正規の代理店を利用するようにしましょう。

-CBDオイルをドンキで買う前に
-,

Copyright© CBDオイルをドンキホーテで買う前に!失敗しない選び方 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.