CBDオイルは飛行機に持ち込める?国内線は問題ないけど国際線は....

投稿日:

CBDオイルは飛行機に持ち込める?国内線は問題ないけど国際線は....

いつの時代でも、身体に良いと言われるものやその効用が高いものについては大きな話題に上がるものですが、現在もっとも注目されているのがCBDだと言えます。

リキッドやオイルとしてさまざまな効果を発揮して、多くの人々の関心を集めています。

特にCBDリキッドは禁煙にも大きく貢献しているため、使ってみたいという人の数は右肩上がりに増大しています。

しかし、その成分が植物の麻から取れることで、使用を躊躇してしまうという意見があるのも事実です。

実はこれは大きな誤解で、日本ではCBDリキッドは合法化されているため、例えば国内線の飛行機に乗って日本国内を移動するなどといった際でも、機内には問題なく持ち込みが可能です。

ただし、日本国内で合法化されているからと言って、何も考えずに持ち込んで良いという訳ではないので注意が必要です。

CBDリキッドは、液体ですが、内容量が10から15ミリリットルなので、まず量の制限に引っ掛かるということは考えなくても良いでしょう。

それよりも、揮発性が高いため僅かな量でも漏れてしまうと周りニオイが拡がってしまうという懸念があります。

ですから、液が漏れたりしないように対策を考えなければなりません。

蓋はしっかりと閉めて、液漏れが起こらないように細心の注意を払うようにしたいものです。

海外へ持ち込む場合は必ずラベルをよく読んで違法となる成分が含まれていないことを確認

国内線ではそれほど持ち込みのハードルが高くなかったCBDリキッドですが、国際線となると少々話は異なってきます。

まずは、国際線の液体に対する制限はかなり厳しく液体物等は100ミリリットル以下の容器に入れなければなりません。

しかも大きさが決まったプラスティックの透明の袋を自分で用意する等の帰省があります。

心配な場合は事前に利用予定の航空会社に問い合わせ、確認すると良いでしょう。

それ以外でも海外からCBDリキッドを持って帰るならば、注意しなければならない重要事項があるということを忘れないでください。

それは、渡航先で購入したCBDリキッドに、日本では違法となる成分が含まれていないかどうかをチェックするということです。

THCと呼ばれる成分は、日本では違法となるため国内に持ち込むことは出来ません。

知らずに帰国して空港で足止めされることがないように気をつけましょう。

海外製のCBDリキッドでも、中には日本人が多い土産物屋ならば、証明書を発行しているところもあるので、そういった店からの購入ならば安心して持ち帰ることが出来ます。

そうでない場合は、必ずラベルをよく読んで違法となる成分が含まれていないことを確認することが重要です。

-CBDオイルをドンキで買う前に
-, ,

Copyright© CBDオイルをドンキホーテで買う前に!失敗しない選び方 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.