CBDリキッドで死亡したケースの真相は?THCリキッドの「ある成分」が原因だった

CBDリキッドが肝臓を経ると処方薬の作用を変化?死亡に至る可能性は極めて低い

CBDリキッドは日本でも注目されつつあるアイテムです。しかしながら、肝臓で成分が変化してしまうという話を聞いてしまい、悪い印象を持っている人も少なくありません。

これが体内に取り込まれると肝臓で酵素に作用し、特定の治療薬を服用している場合は影響が出てしまうことがあります。

抗凝血剤や抗けいれん剤、抗うつ剤などが該当し、薬剤の効能を変えたり過剰摂取に繋がったりする危険性が示されていると言えるでしょう。

ただし、このような問題が発生する可能性は極めて低いです。

検証データも十分ではないのですが、過去に起こった少ない事例から危険なものとして発信する人が増えています。

実際は起こる可能性が低い問題ですし、死亡に至る可能性も極めて低いことを知っておきましょう。

正しい使い方を行ったり、特定の治療薬を服用しているときに使用しなければリスクをなくしていくことができます。

CBDリキッドを購入するときには、正しい使用方法を学ぶはずなので、これに従って利用すれば大きな問題を引き起こさずに済むはずです。

肝臓で一部の処方薬と作用する可能性はありますが、可能性はとても低いことであり、注意点を守っておけば問題が起こる確率はさらに低くなることを知っておきましょう。

THCリキッドで死亡?欧米で問題になった事件の真相とは

肝臓へのリスクの他に、THCリキッドで死亡してしまったことが欧米でニュースになりました。

原因はアンダーグラウンドで流通していたTHCリキッドに混入していた「ビタミンEアセテート」という添加物が直接の原因でした。

わたしは最初、THCが原因なのでは?と勘違いをしていました。

THC(テトラヒドロカンナビノール)は日本では違法だからです。

THCを過剰摂取してしまった人が死亡したのだと思っていましたが、正規に販売されているTHCリキッドでは死亡例はないそうです。

THCリキッドは欧米の一部の地域では合法で、ディスペンサリーなどで気軽に購入できます。

日本では違法なのでけっして手にしてはいけませんが、Vape用のCBDリキッドにはTHCはもちろん、死亡の原因となったビタミンEアセテートは入っていません

有名メーカーから購入する際は心配ありませんが、海外から名前も聞いたことのないようなCBDリキッドを購入する際は気をつけましょう。

日本では違法とされるTHCだけでなく、死亡原因となる成分が購入している可能性があります。

質の悪いVape(ベイプ)によってトラブルが発生する可能性?

CBDは安全に使うこともできますが、選択する業者によっては粗悪なものを売っている可能性があります。

品質の良いVapeは増えている傾向がありますが、それでもベイプ市場全体を見るとまだ規制は十分ではありません。

購入したいと考えるのであれば、日本の信頼できる代理店を選ぶことをおすすめします。

代理店以外や信頼できない代理店を利用してしまうと、説明とは違う質の悪いVapeを購入してしまい、これを使用することによってトラブルが発生する可能性があることを理解しておくべきです。

CBDを購入する際には得られる効能や危険性について勉強しておくことも重要ですが、どこを利用すると品質の高いアイテムを手に入れることができるかどうか知っておくことも大切だと言えます。

粗悪品を買ってしまうと本来理想とされている使い方ができないなどのリスクがあるでしょう。

規制強化が十分ではない今、購入する際には自分で信頼できる購入先を探すことが重要であると知っておくべきです。

アフターフォローがしっかりしている、口コミ評判が良い場所は信頼性が高いと言えるので、こういった場所を利用してCBD用品を購入することがおすすめだと言えるでしょう。

CBDの嘘はエビデンスをチェック!国内での使用がまだまだ一般的ではない

CBDリキッドに害はある?不明な成分を摂取してしまったという問題

CBDリキッドに害はある?不明な成分を摂取してしまったという問題

CBDを使用する際に健康被害が生じるのではないかと心配になる人は少なくないです。

これまで海外で実際に起こった問題としては重金属が農薬が入っていてアレルギーが副作用が出た、違法成分が入っていて精神作用が起こったなどの問題があります。

他にも本来入ってあるべき成分とは別のものが配合されており、不明な成分を摂取してしまったという問題も発生していることを知っておきましょう。

副作用としては頭痛や吐き気、嘔吐や意識障害、発作などの様々なものがあらわれてしまいます。

海外で実際に起こったものは成分に問題があるケースがほとんどでしたが、きちんとした製品でも吸いすぎると同じような副作用が起こることがあるので注意が必要です。

塗るタイプを利用する場合は、体質によってニキビができやすくなるケースもあると知っておきましょう。

必ずしも起こり得るものではありませんが、本来とは違った成分が含まれている場合や過剰摂取を行った場合、肌に合わなかった場合などはいくつかの症状が起こってしまう可能性があります。

突然問題が発生して困らないようにするためにも、CBDを利用することでどのような問題が起こりやすいのか知っておくことが大切です。

健康被害を避けるためにも、出荷までの全ての工程で製品が安全に作られる、一定の品質が保たれているような製品を選ぶべし!

健康被害が発生するとも言われていますが、CBDは基本的に安全性が高いものです。

選び方を間違えることがなければ、安心して使用することができます。安全性を確認するためには、GMP工場で製造された製品を使用することがおすすめです。

これは適性製造規範を守っている工場のことを指しており、出荷までの全ての工程で製品が安全に作られる、一定の品質が保たれるように基準が定められています。

このような工場で製造されたものを選択すれば、正しい原料が使用されている、異物混入がない、成分量が性格などの安心感が得られるでしょう。厳しい条件をクリアしているわけですから、日本では違法とされているTHCが配合されていないことだけ確認しておけば安心して使うことができます。

これは世界保健機関であるWHOでも安全性が認められているものであり、成分や配合量に問題がなければ心配することなく活用することができるアイテムだと言えるでしょう。

基本的に安全性が高いものですが、信頼性の高いGMP工場で作られたものを選ぶようにすることを心がけておくと、失敗のない購入方法を選ぶことができるようになります。

正しい方法で購入し、安全にCBDが使えるようにしておきましょう。

CBDオイルでラリる?摂取するのは危険という先入観があるけど….

CBDリキッドで喉が痛い、むせる・原因はVapeデバイス

CBDリキッドで喉が痛い、喉が乾く、むせる?原因はVapeデバイスかも

近年日本国内でも人気が高まっているCBDリキッド、CBDワックスですが、初めて利用した人によって咳き込むなど喉の痛みを感じたり、吸った時にむせるといった症状が起こる場合があります。

このCBDリキッドやCBDワックスを吸った時に起こる感じは、アタック感やヒット感と呼ばれる状態で、CBDが含まれていない電子タバコ用のリキッドを以上に強い刺激を感じていることが関係しています。

この違和感は体に悪い影響を与えているわけではありませんが、慣れない人は刺激によってむせたり咳き込んでしまいがちです。

そもそもCBDリキッドを吸うと喉の痛みを感じるのは、主成分であるカンナビジオールの他に、プロピレングリコールや植物性グリセリンが配合されており、この植物性グリセリンは吸湿性が高い成分なので喉の乾燥の原因になっていることがわかっています。

しかしこのリキッドにグリセリンは欠かせない成分なので、乾燥が原因でむせたり咳き込んでしまうようなら、乾燥を防ぐためにもマスクをするなど対策をするようにしましょう。

他にもリキッドやワックスを入れるVapeデバイスが原因の可能性があります。

アトマイザー内のコイルやウィックが焦げ付いていて吸い心地が悪くなっている可能性があるので、一度デバイスを空けてみて内部が劣化しているようなら早めに交換を行うことをおすすめします。

ちょうど良いキック感の電子タバコ用CBDは「プラスウィード」!

近年は実感力を重視するユーザーが増えたことにより、フルスペクトラム系のCBDリキッドが人気になっていますがどれも値段が高く、手が出しにくいと感じている方も少なくありません。

そこでコストパフォーマンスに優れ、ちょうど良いキック感のある電子タバコとして注目されているのが「プラスウィード」です。

プラスウィードは価格設定が安いだけではなく、初回限定でVape本体がセットになっていることや消耗品であるアトマイザーが無料になるといった総合的な面で安く手に入る点が大きな魅力です。

プラスウィードのフルスペクトラムのカードリッジは、CBD濃度が60%と高濃度なので2パフでもしっかりCBD感を実感することが出来ます。

これで約7,000円で購入できるのはコストパフォーマンスが非常に高く、吸った時のキック力も低濃度CBDリキッドに比べて実感できるのでタバコの代用品として利用するユーザーも多いです。

またフレーバーもほんのりと甘みのある草の香りを感じられ、リアルな自然なフレーバーを楽しむことができる特徴を持っています。

1~2パフでは強めのキック力を感じますが、3パフになるとスムーズに吸い込むことができるので大体のユーザーは3パフで十分な満足感を感じられる内容です。

CBDリキッドはやばい?イメージは悪いけど良い意味でやばい

CBDリキッドはやばい?イメージは悪いけど良い意味でやばい

現在爆発的な人気を誇り、話題の中心になっているもののひとつにCBDリキッドがあります。

欧米ではコロナ下であってもディスペンサリーに長蛇の列になっているそうですよ。

SNSで「CBD」と検索すれば、ものすごい数の人がレビューしているのがわかるかと思います。

わたしは2013年から使い続けてますが、まさかここまで人気になるとは思ってもみませんでした。

SNSではCBDリキッドを禁煙のために始めてみた!という声を見かけることが多くなってきました。禁煙したい人の間では、長年の悲願だった禁煙の成功を喜ぶ声があちらこちらから聞かれています。

しかしその反面で、CBDという言葉に反応し間違った知識が正されないままに悪印象を持っている人もいるというのが事実です。

その間違った知識とは、CBDという呼び名がカンナビジオールから来ていることにも起因します。

つまり、植物の麻由来であるためかなりやばい商品なのではないかと懸念されているということです。

やっぱり薬物のイメージがありますし、どうしてもアンダーグラウンドと結びつけてしまいますよね。

確かにCBDリキッドの成分が麻から摂取されることは事実ですが、麻の主な成分にはふたつあって、いわゆる「キマる」「ブリブリ」「飛ぶ」「ハイになる」という症状を促すのは、CBDではなくTHC(テトラヒドロカンナビノール)と呼ばれる成分の方に含まれています。

実際にCBDはリキッドにしてもオイルにしても、日本では合法化されており使用することに何らの問題もありません。

国内で所持していても違法性に問われて、警察に捕まるようなことは決してありません。

国内で販売されているものは、厚生労働省の許可がおりたものなので完全に合法です。

CBDはストレスを和らげ精神を安定させる効用を持つことで、世界的に高い評価を受けています。

日本国内でも2018年から沖縄でCBDの治験がスタートしたので、これから日本でも注目されることは間違いありません。

高い効能をもち、とても安全性の高いサプリメントです。

そういった意味では、これほど顕著にまたさまざまな症状に優れた効用を示すCBDリキッドは、良い意味でやばいと言っても過言ではないかもしれません。その研究とい分野はますます広がっています。

世界保健機関(WHO)がCBDの安全性を保証したことは記憶に新しい

麻から取れる成分などというと、これはかなりやばいのではないかとその危険性を懸念するのは当たり前のことです。

しかし、それは間違った知識を持っているからにすぎなく、CBDリキッドはその安全性が確認されています。世界保健機関(WHO)がCBDの安全性を保証したことは記憶に新しいです。

繰り返しますが、精神に作用するのはTHCと呼ばれる成分の方であって、こちらは依存性や中毒性を孕むもので長く続けたり過剰な摂取によって最悪の場合は、被害妄想などの危険性を持っています。

ただし、注意しなければならないのは、海外等からCBDリキッドを購入したなどという場合です。

日本では安全性が確認されているものしか販売されていませんが、海外では危険な成分であるTHCを含むものも売られているということはよくあることです。

従って海外で購入するといった際は、必ず裏のラベルを確認して含有されている成分をチェックすることが不可欠となります。

日本国内で有名メーカーから調達すれば、まずはやばいことになったりすることはないでしょう。

依存性についてもCBDリキッドからの報告はほとんどないので、危険性は極めて低いということが研究を通してわかっています。

特に「長い間禁煙をしたかったのにどうしても成功しなかった」「楽しみながら健康増進に挑戦したい」という人は1度試してみてはいかがでしょうか。

どれを選んで良いのかわからないという方は、国内生産で安全性の高い「プラスウィード」を選んでおくと間違いないでしょう。

ドンキホーテにも取り扱いはありますが、公式サイトであれば送料が無料、ポイントバック付きなので、わざわざ買いに行くより便利です。

わからないことがあれば、アフターサービスで質問することもできるので、公式サイトを覗いてみても損はありませんよ。

 

>>良い意味でやばい!人気のCBDリキッドはコチラから
送料無料・最大10パーセントオフ!